婚活? いいえ、選り好み脳内お花畑向け浪費コンパです!!

投稿者: | 2017年7月28日

最近、婚活サイト・婚活パーティーといった婚活産業の広告が出てきますね。あれって、一体何ですか。
依然として、男性は年収を聞かれる上に異常に馬鹿高い会費を払わされ、女性は異常に安い会費で浮かれまくっている様子で、昔の経済力至上主義を未だに信じてやまない方々が運営しているのでしょうね。
いいですか、現在は性での所得差は縮小している上に、共働きが当たり前の世の中ですよ。現実を見ようとしない婚活産業の皆様、解っているのですか? 解っていないから、社会の情勢に全く追従できていない体質で、のうのうと馬鹿げた広告を垂れ流せるのですよね。
それにですよ、申し込む女性は専業主婦希望が大半で、男性に対する希望年収は500万円以上が最も多いそうです。今時、年収500万円以上と言えば男性全体の約20%、つまり5人に1人しかいないのです。つまり、希望通りにさせようものなら、少ないパイを奪い合う流血以上の争奪戦になるのは目に見えています。
だいいち、男性にすれば楽したいだけの女性は迷惑以外の何者でもなく願い下げというのが本音です。特に、婚活産業に申し込む女性は楽したいがために申し込むので、このような現状から鑑みれば出会えなくて元々であり、お互いの理想を満たそうものならマッチングできるはずがありません。それでいながら、選り好みやりたい放題で妥協する気がないのですから、呆れるやら憐れむやらで言葉が思いつきません。
所詮、婚活業界なんて現実離れした脳内お花畑な男女が集まって、会費と称して大金をドブに捨てる浪費コンパでしかありません。出すだけ出して、失うだけ失って、何も残らないのなら最初から手を出さない方が賢明です。